会社で働いている人をケアしてくれる産業医とは

女性

労働安全の専門医師の役割

看護師

産業医と言いますのは、会社組織と契約の取り交わしを行って、社員が健康並びに快適に勤務することができるよう指導そしてアドバイスを務める医師のことを意味します。産業医を有効に利用することによって、会社にとって多くのベネフィットを得ることができます。

安全衛生体制の活用

ドクター

安全衛生体制における医師

事業場においては、労働安全衛生法などの関連法令に基づいて安全衛生体制を整備しなければなりません。その体制の一環として、労働者が50人以上である事業場においては、産業医を選任しなければならないことになっています。産業医は、労働者が安全かつ健康に働くことができるよう、専門的な見地から事業主に対して助言を行ったりします。このため、単に医師免許を有するだけでなく、一定の試験に合格するか、あるいは研修を受けることで取得できる、産業医資格を持っていなければなりません。そして、産業医には、少なくとも毎月1回、各事業場を巡視し、職場環境に問題がないかをチェックします。また、健康診断後の指導も行います。産業医は、労働者の健康状態を守ることがその任務です。医師ではありますが、治療をすることを直接の目的とするのではなく、職場に関する危険や健康状態の危険を未然に防ぎます。最近では、長時間残業が深刻な問題となっていますので、メンタルヘルス不調を来す労働者が少なくありません。このため、労働時間が長い労働者への面談を行って、職場環境に関する問題点を事業主に指摘します。さらに、病気やメンタルヘルス不調などで休職していた労働者が復帰する際に、そのサポートを行ったりもします。法令で定められているから設置するだけでなく、その積極的な活用が重要となります。会社の活動を維持するために労働者に無理をさせた場合、最終的には事業主の不利益となることを理解してもらう役割もあります。

社員の健康管理の利点

悩む人

産業医というものは、医学的な角度から、勤務場所においての社員の健康管理等を実用的に行うために選任される者になります。産業医を有効に活用することによって、企業は様々なメリットを享受することができます。

社員の健康管理を行う医師

病院

産業医については会社などにおいて、職場環境を加味しながら、社員の健康状態を管理すること等に取り組む医師になります。日本国内においては、労働安全衛生法によって、一定の規模を超える事業場に対しては産業医の選任が定められています。